くらし情報『元「スパイス・ガールズ」メラニー・ブラウン、ディスレクシア(読み書き障害)を告白』

2018年7月28日 05:00

元「スパイス・ガールズ」メラニー・ブラウン、ディスレクシア(読み書き障害)を告白

メラニーの苦悩が明らかに(画像は『Mel B2017年1月18日付Instagram「I see you,you think I don’t but oh I do haha」』のスクリーンショット)


「スパイス・ガールズ」の元メンバーとして知られ、スケアリー・スパイス(Scary Spice)の愛称で日本でも人気を博したメラニー・ブラウン(Mel B、43)が、「生まれてこのかた自分は頭が悪いと思っていた」と告白。さらに昨年思いもよらぬ診断が下っていたことを公表した。

このほどメラニー・ブラウンが、人気番組『Loose Women』にて「ディスレクシアという診断が下った」と公表した。ディスレクシアは読み書き障害とも訳されるもので、メラニーの場合には「ずっと上手にものを読むことができなかった」という。同番組でメラニーはこのように語っている。

「昨年のことよ。ディスレクシアという診断を受けたの。これまでずっと自分の頭は人と違うんだと思っていたの。だから私はエンタメ業界が好きだし、歌って踊ってクリエイティブなことをするのが大好きなの。文字をなかなか読めない件については、隠しがちだった。でも自分が何を秘密にしているのかも分からなかったの。」

またこの問題を抱えたメラニーは、書かれている文字が反転して見える、何度も歌詞の覚え直しが必要になる、本の1章を読むのに5か月も要するといった症状に苦しんだとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.