くらし情報『夏木マリ&竹中直人 グラスを傾ける姿に反響「カッコイイ大人のコンビ」』

2018年8月4日 17:00

夏木マリ&竹中直人 グラスを傾ける姿に反響「カッコイイ大人のコンビ」

竹中直人と夏木マリ(画像は『mari natsuki2018年8月1日付Instagram「竹中さん出没!」』のスクリーンショット)


夏木マリが8月1日、インスタで「竹中さん出没!ドラマ収録後、ちょっとお出かけ」と竹中直人とグラスを傾けるところを公開してフォロワーを和ませている。60歳を超える2人だけに、70年代の音楽の話で盛り上がったようだ。

1971年に19歳で歌手デビューした夏木マリは『絹の靴下』(1973年)のヒットで知られるが、本来はジャニス・ジョプリンのような歌手に憧れていた。今も音楽活動を続けており、ロックやブルースのテイストが強い。

一方、竹中直人高橋幸宏プロデュースによるアルバム『MERCI BOKU』(1996年)やセカンドアルバム『イレイザーヘッド』など数作を発表しており、2006年7月には竹中直人&ワタナベイビーで『今夜はブギーバック』(プロデュース・スチャダラパー)をカバーしている。

彼女の投稿では「#70年代の音楽に話弾む #ショーケン」とタグ付けしているので、ザ・テンプターズなどグループサウンズの話題も出たのだろう。

そんな2人に、フォロワーから「ホントに素敵なお二人」「カッコイイ大人のコンビ」「究極に愛すべき2ショット朝から幸せありがとう姐さん」と反響があった。

なかには「ピンポン思い出します!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.