くらし情報『“ソウルの女王”アレサ・フランクリンが逝去』

2018年8月17日 10:29

“ソウルの女王”アレサ・フランクリンが逝去

アレサ・フランクリン、76年の生涯に幕


米国を代表するゴスペル系ソウルシンガーのアレサ・フランクリンが現地時間16日の朝、ミシガン州デトロイトの自宅で亡くなった。長く膵臓がんを患っていたアレサは家族や親しい友人が見守るなか、音楽に全てを捧げた76年の生涯に幕を閉じた。

牧師だった父親の影響で、幼少期からゴスペル系シンガーとして才能を発揮してきたアレサ・フランクリン。彼女のパワフルな歌声は聴く人の心を大きく揺さぶり、60年以上にわたって米音楽シーンを牽引してきた。

アレサは1987年に「ロックの殿堂」入りを果たした初の女性シンガーであり、60年代後半からおよそ10年間続いた全盛期には、20曲以上が「ビルボード全米TOP40」にランクイン。1960年以来、全米チャート「Billboard Hot 100」に通算73曲がチャートインするなど、昨年までは史上最多のHot100ランキング入りを果たした女性アーティストとして君臨していた。またグラミー賞ではこれまで18の賞を受賞、「最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞」に8年連続で選ばれるという快挙を達成している。

また2010年には『Rolling Stone』誌が選ぶ「史上最も偉大なシンガー100人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.