くらし情報『アレサ・フランクリン死去にセレブら追悼 オバマ氏「“ソウルの女王”が永遠の安らぎのなかで眠りますように」』

アレサ・フランクリン死去にセレブら追悼 オバマ氏「“ソウルの女王”が永遠の安らぎのなかで眠りますように」

2018年8月17日 11:32
 

2009年、オバマ大統領就任式典で熱唱するアレサ・フランクリン(画像は『Barack Obama2018年8月17日付Twitter「Aretha helped define the American experience.」』のスクリーンショット)


米時間16日、76歳で死去したアレサ・フランクリン。類稀な才能で多くの人々を魅了したアレサの訃報に、多くのセレブから追悼メッセージが寄せられている。

2009年に第44代米国大統領となったバラク・オバマ氏は、自身のTwitterでアレサ・フランクリンの死に追悼の意を表した。アフリカ系米国人が辿ってきた苦悩に満ちた道のり、そして希望の光―それらをアレサの歌声に見いだすことができるとツイートしたオバマ氏は、ワシントンD.C.で行われた大統領就任式典で愛国歌『My Country, ‘Tis of Thee』を熱唱するアレサの画像を添えて「“ソウルの女王”が永遠の安らぎのなかで眠りますように」と冥福を祈った。

オバマ夫人ミシェルさんも「アレサのパフォーマンスを観ている間は、まるで時が止まってしまったかのように感じられました。バラクと私は今、アレサのご家族のことを想っています。アレサは私たちにとって永遠に“ソウルの女王”です」とツイートした。

マライア・キャリーは、自身のインスピレーション、指導者、そして友人だったアレサとのツーショット写真を数枚アップ。「音楽と人権運動におけるあなたの偉大な力が、私をはじめ多くの人間にチャンスを与えてくれた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.