くらし情報『『牙狼』シリーズ“冴島家”の花見に反響「この家族を映画で見たい」』

『牙狼』シリーズ“冴島家”の花見に反響「この家族を映画で見たい」

2018年8月18日 20:58
 

“冴島家”が和む姿にファン「ジーンときて目頭が…」(画像は『雨宮慶太2018年8月18日付Twitter「見ると元気になる写真」』のスクリーンショット)


特撮テレビドラマ『牙狼』シリーズの雨宮慶太監督が8月18日、SNSで「見ると元気になる写真」と公開したショットがフォロワーの反響を呼んでいる。「#冴島家 #牙狼 #魔戒ノ花」とタグ付けしたそれはメインキャストの4人が花見を楽しむ姿だった。

シリーズ第1作『牙狼』(2005年10月期)で初代主人公・冴島鋼牙を演じた小西遼生、そしてヒロイン・御月カオル役の肘井美佳の姿がある。

さらにシリーズ第4作となる『牙狼〈GARO〉 -魔戒ノ花-』(2014年4月期)の主人公・冴島雷牙を演じた中山麻聖と、マユリ役の石橋菜津美も一緒だ。

ドラマでは魔戒騎士の最高位“牙狼”の称号とその証・黄金の鎧を受け継ぐ一族である冴島鋼牙と冴島雷牙は直系だが、御月カオルは画家の卵で、マユリは「マ号ユリ型魔導具の少女」という立場だ。ただ、ホラーと戦う魔戒騎士の主人公との関わりからすれば「冴島家」と言えるだろう。

そんな4人が和む姿に、フォロワーから「冴島家の家族団欒的な風景、素敵です。冴島家としての彼らがもし背負う使命から解放されたら、こんな景色が見られるのでしょうか」「この家族を映画で見たいです」「牙狼でもいつかこんな幸せなシーンが見られることを期待しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.