くらし情報『原口あきまさ、サマフェスで『あー夏休み』熱唱 華丸・大吉が嫉妬した才能健在』

2018年8月21日 11:00

原口あきまさ、サマフェスで『あー夏休み』熱唱 華丸・大吉が嫉妬した才能健在

『あー夏休み』を歌う原口あきまさ(画像は『原口あきまさ2018年8月18日付Instagram「サマーフェスティバル野外ステージ。任務完了!」』のスクリーンショット)


お笑い芸人原口あきまさが8月18日、愛知県安城市に本社をおく中央精機が開催した『中央精機サマーフェスティバル』でステージを務めた。出演を終えた彼がインスタでその様子を伝えている。

「サマーフェスティバル野外ステージ。任務完了!」とその姿を公開した原口あきまさ。連日猛暑が続くが、この時は暑過ぎることもなくほどよい風が吹いていたという。

そんななか彼が披露したのは、TUBEの人気曲『あー夏休み』だった。ステージで熱唱する姿は前田亘輝に成りきっており、観客も手拍子を叩いてノリノリのようだ。

現在42歳となる原口あきまさは地元福岡県北九州市で高校時代に、福岡のローカルタレントとして活躍していた博多華丸・大吉(当時は鶴屋華丸・亀屋大吉)の追っかけをしていた。

高校を卒業すると上京して東京アナウンス学院に入り、「チャムズン」というコンビを組んで芸能界デビューする。コンビは1988年に解散するも、2000年にはモノマネ芸人としてタモリに扮したコージー冨田と組んだ活動でブレイクする。

そうやって次第に知名度が上がり2008年の夏、TUBEのコンサートにサプライズゲストで呼ばれ前田亘輝の代わりに歌を披露している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.