くらし情報『スパイス・ガールズのメラニー・ブラウン、報道を否定「私はアルコール依存症や性依存症でもない」』

2018年8月30日 09:53

スパイス・ガールズのメラニー・ブラウン、報道を否定「私はアルコール依存症や性依存症でもない」

米時間28日にはフェミニンなドレスで番組出演したメラニー(画像は『America’s Got Talent - AGT2018年8月28日付Instagram「Tonight’s #AGT red carpet looks are 100/10.」』のスクリーンショット)


数日前に「アルコールや性依存症、PTSDでリハビリ施設へ入院」と伝えられた「スパイス・ガールズ」のメラニー・ブラウン(43)。しかし米時間29日に出演した人気トーク番組のなかで、「私はアルコール依存症や性依存症は患っていない」と報道を否定した。

「スパイス・ガールズ」時代に“スケアリー・スパイス(Scary Spice)”の愛称で人気を博したメラニー・ブラウン。思ったことをズバズバと口にしてしまう毒舌タイプのメラニーだが、現在出演中の米公開オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント(America’s Got Talent)シーズン13』では、その歯に衣着せぬ物言いと出場者たちへの愛情溢れるアドバイスが好評だ。

同番組ではエネルギッシュでハツラツとしたイメージのメラニーも、そのプライベートはドラマ顔負けの壮絶な結婚生活でかなり荒んでいた。2017年に離婚が成立した2度目の夫スティーブン・ベラフォンテ(43)から約10年にわたり、DVや浮気問題などで散々泣かされてきたのだ。

2017年に最愛の父をガンで亡くしたことや元夫から長年受けてきた身体的・精神的虐待などでPTSD(心的外傷後ストレス障害)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.