くらし情報『「スパイス・ガールズ」メラニー・ブラウンのリハビリ施設入所を共演者ら熱くサポート』

2018年8月31日 14:27

「スパイス・ガールズ」メラニー・ブラウンのリハビリ施設入所を共演者ら熱くサポート

ハウィー・マンデル、メラニー・ブラウン、サイモン・コーウェル、ハイディ・クルム(画像は『America’s Got Talent - AGT2018年8月21日付Instagram「Who will impress our judges LIVE tonight?」』のスクリーンショット)


米時間29日に出演した人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』で、今回のリハビリ施設への入所理由はPTSDであることを明かした「スパイス・ガールズ」のメラニー・ブラウン(43)。現在出演中の『アメリカズ・ゴット・タレント』の共演者たちも、リハビリ施設に入所し治療に取り組む決断をしたメラニーについてサポートしていく意向を示した。

「酒を浴びるように飲むことで何もかも忘れようとした」との発言や、友人による「一日に3人の男をベッドに連れ込んだこともあった」という証言から、数日前に「アルコール依存症や性依存症を患っている」と伝えられてしまった「スパイス・ガールズ」の“スケアリー・スパイス(Scary Spice)”ことメラニー・ブラウン(43)。

しかし後にメラニーはこの報道を否定し、2017年に最愛の父をガンで亡くしたことや、2度目の夫スティーブン・ベラフォンテ(43)から10年間受けてきた身体的・精神的虐待によりPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ったため、専門の医療スタッフが常駐する施設にて治療を受ける決意をしたことを、米人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』で明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.