くらし情報『<高見沢俊彦ライブレポ>Takamiyの真骨頂、メロディアスなメタルで圧倒 王子が“和”のパフォーマンスも』

2018年9月9日 20:00

<高見沢俊彦ライブレポ>Takamiyの真骨頂、メロディアスなメタルで圧倒 王子が“和”のパフォーマンスも

『Takamiy 2018 Metal of Renaissance』でステージに立つ高見沢俊彦(C)Tadashi Maeda


THE ALFEEの高見沢俊彦(64)が9月1日・2日にパシフィコ横浜・国立大ホールにてソロライブ『Takamiy 2018 Metal of Renaissance』を開催した。7月25日にリリースした約3年ぶりのソロシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles』をはじめ、Takamiy流のメタルロックを中心に両日で約7,400人の観客を魅了した。テックインサイトでは2日のライブを取材した。

定刻の17時を少し回り、Takamiyこと高見沢俊彦がステージ後方に造られた洋風の扉から登場すると、観客が大きな歓声と拍手で迎えた。高見沢はエポーレット(肩章)のついた王子を思わせるきらびやかな衣装でステージ中央に立つ。ステージセットの窓は青や白の薔薇で彩られ、まるで最新シングル『薔薇と月と太陽…』の世界観に入り込んだようだ。

幕開けはTHE ALFEEの今春の全国ツアー『春ノ巻』でも演奏された『悲劇受胎』の2018年バージョン。続けて『月姫』『Fantasia~蒼穹の彼方』と怒涛のTakamiyメタルを披露していく。炎がこれでもかというほどに次から次へと上がり、観客をさらに盛り上げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.