くらし情報『『ゼロ 一獲千金ゲーム』最終回 小池栄子が動揺する“峰子”を熱演』

2018年9月17日 16:00

『ゼロ 一獲千金ゲーム』最終回 小池栄子が動揺する“峰子”を熱演

追い詰められた後藤峰子を見事に演じた小池栄子


日本テレビ系日曜ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』が9月16日の放送で最終回を迎えた。 大富豪・在全無量の企みにより加藤シゲアキNEWS)演じる主人公・宇海零をはじめ多くの青年たちが賞金1000億円を手にしようと、ギャンブルと遊園地の融合施設「ドリームキングダム」に命がけで挑戦してきたが、最後は零と在全グループ幹部・後藤峰子の一騎打ちとなる。

在全無量(梅沢冨美男)の片腕として働く後藤峰子役を務めるのが小池栄子だ。毎回、ゲームのルールを説明する役回りなので、登場する時間は長くないものの、冷徹な表情で無理難題を平然と口にする強烈なキャラクターで目を引いた。

その峰子が最後に、零とポーカーに似たカードゲーム「デイ&ナイト」で決戦に臨む。ポーカーの経験があまりない零に対して手慣れた彼女は見事な手際で追い込んでいく。

ところが途中で黒服の男に在全無量からの伝言を耳打ちされた峰子は様子がおかしくなり、その異変を零に気づかれるのだった。相変わらずのドSっぷりを発揮していた峰子が突然動揺しはじめ、零に負けてはならないと焦るほど絶望感に襲われる。そんな峰子を小池栄子が熱演、最終回にして本領発揮というところだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.