くらし情報『『ぎぼむす』最終回で“すれ違い”ブルースに結末 みゆき役の2人がコメント』

『ぎぼむす』最終回で“すれ違い”ブルースに結末 みゆき役の2人がコメント

2018年9月19日 20:42
 

綾瀬はるかと上白石萌歌(画像は『上白石萌歌2018年9月18日付Instagram「先日 義母と娘のブルース、無事クランクアップしました」』のスクリーンショット)


綾瀬はるか主演によるTBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』が9月18日の放送でフィナーレを迎えた。7月10日に放送された第1話で主人公・岩木亜希子(綾瀬)と小学校3年生の宮本みゆき横溝菜帆)が初めて出会った時の「水と油」のような関係から、このような展開を誰が想像しただろうか。

スーパーキャリアウーマンとして活躍した亜希子は、宮本良一竹野内豊)と“契約結婚”してみゆきの義母となってからも同じように一生懸命だ。最終回では彼女がみゆき(上白石萌歌)に生い立ちを語ることで、子どもの時から自分で生きねばとひたすら勉強して頑張ってきたことが分かる。

それだけではない。最終回では亜希子とみゆき、そして亜希子に好意を持ち告白したベーカリー麦田の店長・麦田章(佐藤健)やみゆきの幼馴染・黒田大樹井之脇海)といった登場人物は誰もが「相手のことを思いやる」心を持っていることがひしひしと感じられた。ただ、それぞれの思いやりが時にすれ違ってしまいスムーズに進まないことがあるものだ。

みゆきは幼い頃に母を亡くし、続いて父親・良一も失った。今回、亜希子が倒れると「私の人生は別ればかり。音楽にたとえるとブルースだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.