くらし情報『『007』最新作、監督は日系米国人キャリー・フクナガに決定』

『007』最新作、監督は日系米国人キャリー・フクナガに決定

2018年9月21日 10:09
 

『007』シリーズ新監督のキャリー・フクナガ


人気スパイ映画『007』シリーズの第25作目『Bond 25(仮題)』。同作の監督が日系アメリカ人のキャリー・フクナガ氏(41)に決定したことを、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン氏とバーバラ・ブロッコリ氏が現地時間20日に発表した。

『007』最新作には6代目ジェームズ・ボンドを務めるダニエル・クレイグが引き続き出演することが決まっており、今年8月に「クリエティブ上の考えの違い」からダニー・ボイル監督が降板していた。

そして現地時間20日、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン氏とバーバラ・ブロッコリ氏は後任がキャリー・フクナガ氏に決定したことを同映画の公式ツイッターで発表。彼らは、「キャリーと仕事できることがとても嬉しいです」「彼は多才で革新的であり、我々の次のジェームズ・ボンドのアドベンチャーに素晴らしい選択をもたらすことでしょう」と表明している。

フクナガ氏は映画『闇の列車、光の旅』(2009年)や『ジェーン・エア』(2011年)、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015年)を監督し、テレビシリーズ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』シーズン1(2014年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.