くらし情報『田中圭“スマホの恐怖体験”明かすも、呑気な対応に呆れる北川景子』

2018年9月23日 14:40

田中圭“スマホの恐怖体験”明かすも、呑気な対応に呆れる北川景子

『スマホを落としただけなのに』での北川景子(画像は『中田秀夫2018年9月12日付Twitter「「スマホを落としただけなのに」では、当然ながらスマホで話す、メッセージをやり取りする、メールを送る、買い物をする、写真や動画を撮る、全部出てきます」』のスクリーンショット)


映画『スマホを落としただけなのに』(11月2日公開予定)は、志駕晃氏による同名小説を『リング』『クロユリ団地』の中田秀夫監督がメガホンを取って実写化したものである。9月22日放送のバラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)で撮影中の中田監督にインタビューしたところ、見どころについて「ネタバレしない程度に」と語ってくれた。

主人公となる会社員・稲葉麻美役を北川景子が務め、麻美の恋人・富田誠役を田中圭が演じる。中田秀夫監督は「田中さんがスマホを落として、それによって恋人の北川さんが事件にぐいぐいと引きずり込まれていくミステリー」で、見どころは「ヒロインの不安と恐怖の曲線を上げたり下げたりしながら恐怖感、不安感をクライマックスに持ってくる」ところだという。

また、撮影を終えた北川と田中にインタビューして脚本を読んだ時の印象を聞くと、「最初に“怖っ”と思った」と北川。スマホを乗っ取ることができるのだと分かり「スマホ怖い」と再認識したそうだ。

そんななか、田中が最近起きた“スマホの恐怖体験”を明かして驚かせる。

彼は「おととい、自分の携帯から何の覚えもない発信履歴が5件あった」というので、北川が「それは酔っぱらってたんじゃないの!?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.