くらし情報『樹木希林さんの訃報に悠木千帆(二代目)がコメント「お会いしたかった…」』

樹木希林さんの訃報に悠木千帆(二代目)がコメント「お会いしたかった…」

2018年9月23日 18:10
 

日本外国特派員協会記者会見での樹木希林さん(2015年10月撮影)


9月15日に75歳で他界した樹木希林さんは、以前の芸名を「悠木千帆」と名乗った。彼女は1961年に文学座付属演劇研究所に入って「悠木千帆」名義で女優活動をスタートすると、文学座退団後もドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)などで活躍するが、1977年4月1日に『テレビ朝日誕生記念番組』のオークションコーナーで「売る物がない」と自分の芸名「悠木千帆」を出品した。それを機に芸名を「樹木希林」に改名したのである。

当初は青山にあるブティックの店主が競り落としたが、2004年に女優・山田和葉に譲り、彼女が「悠木千帆」(二代目)を名乗る。

9月22日放送のTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』で樹木希林さんの話題をとりあげるなか、その「悠木千帆」へのインタビュー映像を流した。

彼女は希林さんの訃報に肩を落としながら「お会いしたかったが、私が至らなかったために叶わなかった。もっと精進しろとのことだろうと思う」との趣旨でコメントしており、「悠木千帆」を譲り受けた際は希林さんと電話で話すことができたという。

また『オフィシャルブログ「♪続悠木千帆の勇気ある毎日♪」』では、9月16日に「哀悼の誠を捧げます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.