くらし情報『キャサリン妃、王室NGも構わず子供たちとハグ 「世界最高のプリンセス」と称賛される』

2018年10月7日 12:51

キャサリン妃、王室NGも構わず子供たちとハグ 「世界最高のプリンセス」と称賛される

コップでイタズラをする児童に思わず笑うキャサリン妃(画像は『Kensington Palace2018年10月2日付Twitter「Storytime with @SCTrust St Stephen’s School as The Duchess of Cambridge joins children to listen to the Monkey Queen over a drink」』のスクリーンショット)


現地時間2日、産後初となる公務に復帰したキャサリン妃。この日は「セイヤーズ・クロフト・フォレスト・スクール」と「パディントン・レクリエーション・グラウンド」のワイルドライフ・ガーデンを訪問し、地元の児童らと自然との触れ合いを楽しんだ。自身も3児の母であるキャサリン妃は子供の扱いが上手なことで知られるが、この日も常に目線を子供たちと合わせ優しく話しかける姿に称賛が集まった。

今年3月後半より産休に入っていたキャサリン妃が現地時間2日、約6か月ぶりに公務に復帰した。単独で「セイヤーズ・クロフト・フォレスト・スクール」と「パディントン・レクリエーション・グラウンド」を訪れた妃は、児童たちとの積極的な交流や自然とのふれあいを楽しんだようだ。

この日、キャサリン妃との対面を何よりも楽しみにしていたのは、近郊の学校に通う4歳のアンワーちゃんだ。野外学習センター「セイヤーズ・クロフト・フォレスト・スクール」での読み聞かせタイムには、丸太の上に腰掛けるキャサリン妃の隣にしっかり陣取る張り切りぶり。妃の気を引こうと両手を使わず口だけでコップをくわえ、飲み物を飲み干すアンワーちゃん。おどけたその姿は決してお行儀がよいものとは言えないが、茶目っ気たっぷりのアンワーちゃんの行動には、キャサリン妃も思わずクスッと笑みがこぼれてしまったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.