くらし情報『テイラー・スウィフト“民主党支持”表明に戸惑いの声「カントリーミュージックのファンらは泣いている」』

2018年10月9日 15:20

テイラー・スウィフト“民主党支持”表明に戸惑いの声「カントリーミュージックのファンらは泣いている」

テイラーの政治的な発言が物議醸す(画像は『Taylor Swift2018年7月26日付Instagram「So wait... we get to play 2 more nights at @gillettestadium ??!」』のスクリーンショット)


芸能人による社会的発言がタブー視される傾向にある日本と異なり、米国ではセレブが自身の政治的立場を明確にすることが少なくない。そんな中、これまで政治的発言に消極的なセレブと言われてきた歌姫テイラー・スウィフトが、中間選挙が近づく今月7日にInstagramにてある女性議員を名指しで批判、その極めて政治的な発言が物議を醸している。

メリル・ストリープレディー・ガガ、マドンナ、ジョージ・クルーニーロバート・デ・ニーロ…過去に“反トランプ派”であることを臆することなく明確にしてきたセレブは枚挙にいとまがない。しかし、来月6日に行われる米中間選挙を前に歌姫テイラー・スウィフトがある共和党女性議員を名指しで批判し、メディアやファンの注目を集めている。

「私はこれまで政治的な発言には消極的だった。でも過去2年間に自分の身に起きたこと、そして世界で起こっている出来事によって、その考えが変わったの」という書き出しで始まるテイラーの声明文。「私たちが平等に与えられた人権を守り、そのために闘ってくれる候補者に投票してきたし、これからもそうするつもり」と明かし、「肌の色や性別、性的指向に関係なく全ての米国人の尊厳を守るために闘うことを約束してくれない候補者には、一票を投じることはできない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.