くらし情報『中島健人主演『ドロ刑』“大泥棒”役遠藤憲一をはじめ中村倫也ら個性派キャスト陣に期待』

2018年10月15日 13:46

中島健人主演『ドロ刑』“大泥棒”役遠藤憲一をはじめ中村倫也ら個性派キャスト陣に期待

第1話では斑目勉と煙鴉の出会いと最初の事件解決を描くなか、警視庁捜査三課“13係”に選ばれたメンバーのキャラクター紹介を兼ねた形となった。

13係の司令塔となる美人係長・鯨岡千里稲森いずみ)は斑目が窃盗犯の取り調べで窮地に立つのを観察しながら「とかげのしっぽ切りにはちょうど良い」と口にするなど、腹の底で何を考えているか分からない。

また、捜査一課出身の元エリート・皇子山隆俊中村倫也)は科捜研の研究員・霞沙織(田中道子)が説明している際に、彼女の美脚に見惚れて「そこ、メモを取る!」と叱られるが、実は煙鴉の正体に気づいている節がある。やはり不気味な存在だ。

他にも警察の音楽隊から引き抜かれた、刑事経験ゼロの天然女子・小平美希石橋杏奈)や関西弁を話すギャンブル好きな変装の達人・宝塚瑤子(江口のりこ)、元指名手配犯専門の肉体派・勝手田利治(丸山智己)、手口捜査のスペシャリストながら極度の人見知り・細面隆一(野間口徹)、酒好きな昭和のおやじ風元スリ専門刑事・左門陽作(板尾創路)が13係メンバーとなる。斑目勉と煙鴉が物語の中心となりながら、周りを囲む個性豊かな刑事、さらにゲストで登場する犯罪者たちがどのようなエピソードを起こすのか期待が高まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.