くらし情報『メーガン妃、16日間で76の海外公務 妊娠12週検診終え「体調は良好」と関係者』

2018年10月16日 10:30

メーガン妃、16日間で76の海外公務 妊娠12週検診終え「体調は良好」と関係者

「インヴィクタス・ゲーム」の旗を掲げるメーガン妃とヘンリー王子(画像は『Kensington Palace2018年10月11日付Instagram「We’re flying the flag ahead of the 2018 Invictus Games in Sydney!」』のスクリーンショット)


英時間10月15日午前8時40分、ケンジントン宮殿公式Twitterより妊娠が正式に発表されたメーガン妃とヘンリー王子夫妻。豪時間16日よりオセアニア諸国でのロイヤルツアーが正式に始まり体調が懸念されるなか、王室関係者が「妃の体調は良好」と明かした。

ジカウイルス(Zika Virus)感染リスクが懸念されるトンガ王国やフィジー共和国、並びにオーストラリア、ニュージーランドの4か国を16日間かけて訪問予定のヘンリー王子とメーガン妃。夫妻初となるロイヤルツアーは、第1子ご懐妊という大変おめでたいニュースとともに幕を開けた。

王室関係者が『PEOPLE.com』に明かしたところによれば、現在のメーガン妃は「妊娠12週目の検診を終えたところで、体調は良好」とのこと。英時間12日に執り行われたユージェニー・オブ・ヨーク王女と実業家のジャック・ブルックスバンク氏の結婚式では、「ジバンシィ(Givenchy)」のゆったりめのコートドレスを着用していたことから「ひょっとしてメーガン妃はオメデタなのでは?」「緩めのコートはお腹を隠すため?」と妊娠説が飛び交っていたが、その数日後英時間15日に英国ケンジントン宮殿公式Twitterが、

「サセックス侯爵夫妻は、2019年春にご出産となられる妃殿下のご懐妊をとても嬉しく感じておられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.