くらし情報『メーガン妃「初めての仕事はゴミ出しだった」と明かす』

2018年10月21日 11:07

メーガン妃「初めての仕事はゴミ出しだった」と明かす

「Macarthur Girls High」にて女子高生の話に耳をかたむけるメーガン妃(画像は『Kensington Palace2018年10月19日付Instagram「At MacArthur High School, The Duke and Duchess of Sussex met Year 9 students working on a project investigating issues of social justice and women, and youth empowerment, including research on the UN and the Declaration of Human Rights」』のスクリーンショット)


現在“サセックス公爵夫妻”として初のロイヤルツアーに臨んでいるヘンリー王子とメーガン妃。豪時間19日にはシドニーの女子校を訪れ、地元高校生らとの交流を楽しんだ。自身も米カリフォルニア州の女子校に通っていたメーガン妃は「若かりし頃の自分を思い出す」と思わず胸が熱くなる場面も見られたようだ。

ツアー第4日目となる豪時間19日、シドニーにある女子校「Macarthur Girls High School(マッカーサー・ガールズ・ハイスクール)」を訪問したヘンリー王子とメーガン妃。夫妻が訪問することを事前に知らされていなかった生徒達は、のちに『Ten News』の取材に対し「メーガン妃が手を振ってくれました。ヘンリー王子もいらっしゃいました。とってもよい雰囲気でしたよ。メーガン妃は素晴らしくエレガントで美しい女性でした」と絶賛している。

校内でヘンリー王子とメーガン妃に、現在行っているプロジェクトについて説明する生徒達。そのうちの一つは、貧困に喘ぐ女性のために、生活必需品を箱詰めしたり、寄付された物品を警察や避難所に届けるというものだった。これら生徒達の活動を目にしたメーガン妃は「私が初めて仕事を得たのは14歳の時でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.