くらし情報『キム・カーダシアン、ハロウィン動画で軽蔑的発言 大バッシング受ける』

2018年11月3日 11:00

キム・カーダシアン、ハロウィン動画で軽蔑的発言 大バッシング受ける

「誰に仮装?」気付いて貰えなかったキム(画像は『Kim Kardashian2018年10月31日付Instagram』のスクリーンショット)


今年のハロウィンは5姉妹が勢ぞろいした圧巻の“ヴィクシー・エンジェルズ”や、可愛い3人の子供達のコスチューム姿で話題をさらったキム・カーダシアン。しかし、自身がInstagramストーリーにアップした短い動画のなかでうっかり口走ってしまった“Fワード”ならぬ“Rワード”により、大バッシングを浴びる羽目になってしまった。

現地時間10月31日のハロウィン当日、キム・カーダシアンは友人のジョナサンと連れ立って妹ケンダル・ジェンナーが主催するハロウィンパーティーに出かけた。

この日のキムは、TVシリーズ『ベイウォッチ』で人気を博したパメラ・アンダーソン(51)に、ジョナサンはパメラの元夫トミー・リーに仮装。出掛ける前から自宅クローゼットの鏡の前でコスチュームを着た自身の姿を満足げに撮影したり、ケンダル宅へ向う途中の車中でも自撮りに興じるなど、キムはすっかりご満悦の様子だった。

ところがパメラ・アンダーソンが若い世代にとっては知名度が比較的低いせいか、パーティー会場でキムが誰に仮装しているのかに気付いたのはごく数人であった。その状況に少々苛立ちを覚えたのか、自身のスマートフォンで動画を撮影中のキムは「私が誰だかわからない?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.