くらし情報『アヴリル・ラヴィーン、死亡・影武者説に初めて言及』

2018年11月5日 11:45

アヴリル・ラヴィーン、死亡・影武者説に初めて言及

闘病中にとんでもない噂が流れてしまったアヴリル・ラヴィーン(画像は『Avril Lavigne2018年9月19日付Instagram「Fighting #LymeDisease has been the hardest battle I’ve ever fought.」』のスクリーンショット)


今年9月に5年ぶりの新曲『Head Above Water』をリリースしたアヴリル・ラヴィーン(34)。新曲では2014年からのライム病との辛い闘いを歌っているが、闘病中の2017年に「アヴリル・ラヴィーンはすでに死亡しており、影武者がその代わりを務めている」との噂が広まったことがあった。このたびアヴリル・ラヴィーンが、そんな噂について初めて言及した。

アヴリル・ラヴィーンは2003年にすでに死亡しており、今存在する“アヴリル”は影武者だというなんとも信じがたい噂が2017年5月に一気に拡散した。ブラジルが発信元とされているが、証拠を見つけたというあるブロガーは「アヴリルは2003年、祖父の死後に自殺し、レコード会社がそっくりさんのメリッサ・ヴァンデラという女性を雇って、アヴリルのふりをさせてきた」と主張したのだ。その証拠というのはアヴリル・ラヴィーンのスタイルや筆跡の変化などで、また意味深な歌詞から彼女が死亡したのは明らかだというもの。さらに影武者メリッサが2004年のアルバム『Under My Skin』で真実を告白しようとしていたという説まであったのだ。

これまでその死亡・影武者説を否定も肯定もしてこなかったアヴリル・ラヴィーンが、現地時間10月31日にオーストラリアのラジオ『KISS 1065』で「あなたがすでに死亡しているとか、クローンがいるという噂についてどう思いましたか?笑っちゃう?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.