くらし情報『ソフトバンク“モノノフ”石川柊太投手「自分は日本シリーズ初戦で屍となりました」発言に反響』

2018年11月7日 18:10

ソフトバンク“モノノフ”石川柊太投手「自分は日本シリーズ初戦で屍となりました」発言に反響

石川柊太投手、加藤和子リポーター、柳田悠岐選手(画像は『石川柊太2018年11月4日付Twitter「#新しいプロフィール画像」』のスクリーンショット)


日本シリーズ2018で優勝して2年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの石川柊太投手が、11月4日にSNSで「自分は日本シリーズ初戦で屍となりました…」とつぶやいて反響を呼んでいる。

石川柊太投手と言えば、武田翔太投手とともに今シーズンは先発と中継で活躍した。CSで2位から下剋上を果たした時もチームを大いに救ったものだ。

広島カープと対戦した日本シリーズは第1戦で7・8回の2イニングを無失点に抑えた石川投手だが、右肘に違和感を覚え第3戦はベンチ入りせず、その後の日本シリーズでマウンドに登ることはなかった。

そうした経緯から、彼は「日本一言うまでもなく沢山の応援のおかげです。1年間ありがとうございました!」という感謝に続き「自分は日本シリーズ初戦で屍となりましたが、その上に綺麗な花が咲いたと思えば十分です」「なかなか上手くいかないとこに自分らしさを感じつつ、地に足つけて一から頑張ります!!」とつぶやいたのである。

そんな彼に、お笑いコンビ・ブルーリバーの青木淳也から「長く長く濃い1年本当にお疲れ様でした!来年も応援しまくります!」と労いの言葉が届いたのをはじめ「石川選手の活躍がなかったら日本一はなかったと思います!今はゆっくり休んでくださいね!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.