くらし情報『レキシが『SONGS』責任者・大泉洋につけたレキシネームに反響「思わず笑ってしまった」』

2018年11月15日 13:12

レキシが『SONGS』責任者・大泉洋につけたレキシネームに反響「思わず笑ってしまった」

レキシと三浦大知(画像は『Laughin2018年11月10日付Twitter「【レキシ】本日23時から放送のNHK総合「SONGS」にレキシが初登場!」』のスクリーンショット)


レキシ(ミュージシャン池田貴史によるソロユニット)が11月10日に放送されたNHK総合『SONGS』に出演した。「SONGS責任者」としてMCを務める大泉洋が、江戸東京博物館を訪れたレキシにスタッフを介して直筆の書状を届け質問するという手法で進行する。

大泉洋からの「レキシ殿へ何故貴殿は歴史なるものに縛られるのか」という問いに対する答えは、興味深いものがあった。

レキシによると当初は「好き」「愛してる」を自分でストレートに言うより、たとえば「紫式部が言ってる」とした方が歌にしやすいと思い付き、歴史にこだわった。しかし最近では「曲作り=歴史の曲」が普通になり、縛られている感がなく「自分の中で自然になりつつある」という。

この日は大泉とのやりとりの間に、レキシのスペシャルライブで『SHIKIBU』『きらきら武士』と三浦大知とのコラボによる『GOEMON』を披露したが、改めて「歴史に絡めたレキシのメッセージ」を感じた。

そんななか、大泉が「レキシネームなる名前を、それがしにも与えたまわん!!」と書状で送りつけ、さらにスタジオで「レキシネームのハードルは高いそうだが、これからも『SONGS』に出たいのならば責任者のご機嫌をとっておいた方がよいかと…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.