くらし情報『『ゆるキャラグランプリ2018』に参加したSKE48斉藤真木子「ゆるキャラの概念が覆された」』

2018年11月20日 13:15

『ゆるキャラグランプリ2018』に参加したSKE48斉藤真木子「ゆるキャラの概念が覆された」

くまモン、バリィさん、さのまるなどゆるキャラと記念写真に納まる斉藤真木子(画像は『斉藤真木子(SKE48)2018年11月18日付Twitter「ゆるキャラの概念が覆された、そんな二日間でした。」』のスクリーンショット)


ゆるキャラグランプリ2018』の決選投票が11月17日・18日と大阪府・東大阪市花園ラグビー場で行われた。事前に、8月1日~11月9日に受け付けたインターネット投票での自治体による「組織票」が発覚して問題視されるなか、運営サイドが「1人1日、1回」投票の原則に該当しないと思われる票を無効と判断したという。最終的に有効なネット投票と来場者による直接投票の合計で約89万票を得たカパル(埼玉県志木市文化スポーツ振興公社)がグランプリに輝いた。

「組織票」については自治体が地域おこしの役割を果たそうとする責任感から熱心になるあまり起こした行動で、「間違っている」とは一概に言えないだろう。ただ、「全国のゆるキャラたちの一年に一度のお祭り」を謳うイベントとしては大人の事情が絡む「ゆるくない」イメージがそぐわない感じは否めない。

そんななか、東大阪市民代表としてテープカットや表彰式などを行ったSKE48のキャプテン・斉藤真木子が、SNSで「ゆるキャラの概念が覆された、そんな二日間でした」とイベントを振り返っている。

彼女は「小さな子供から大きな大人まで幅広い来場者の中、どんな状況でも一生懸命応えようとするゆるキャラの対応は全く緩くなく、そこには確かに愛があった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.