くらし情報『中居正広もびっくり『プロ野球珍プレー好プレー大賞2018』に“ウグイス嬢”が選ばれ「初めてですよ!」』

2018年12月10日 11:00

中居正広もびっくり『プロ野球珍プレー好プレー大賞2018』に“ウグイス嬢”が選ばれ「初めてですよ!」

日本ハム・杉谷拳士選手、発表に唖然とする場面も(画像は『フジテレビ野球2018年11月30日付Twitter「12月8日夜9時放送「中居正広の珍プレー好プレー大賞2018」から」』のスクリーンショット)


12月8日にフジテレビ系で放送された『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2018』で、平成最後の「2018珍プレー好プレー大賞」に西武ドームのウグイス嬢「鈴木あずささん(メットライフドームアナウンス担当)」が選ばれた。それまでの流れから杉谷拳士選手(日本ハム)が受賞かと思われただけに、MCの中居正広も「初めてですよ!大賞が選手じゃないって!」と驚きを隠せない。

杉谷拳士選手は「思わず顔をしかめる痛~いプレー!」のなかで、打席でボールが足のつま先に「当たった!当たった!当たった!」「当たってるって!」と死球をアピールするも認められず残念がるシーンや、守備ではフライを捕球する際に大田泰示選手と交錯して腕がラリアットのように入り鼻血を出すところが紹介された。

この時は両方の鼻の穴から血がボタボタ落ちて治療のために退場、監督もプレー続行は無理だろうと考えていた。杉谷選手によると「これでまた俺、抹消されたらエグい」と思い、鼻の穴に綿を詰めてもらい再出場したが「その後のことはあまり覚えてない」という。

そんな杉谷選手が、西武ドームで行われた試合でホームランを放った時のことだ。翌日の試合前に西武ドームでバッティング練習をしていると、涼しい声で流暢なアナウンスが流れはじめる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.