くらし情報『ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード、DV告白後は「仕事を失った」』

2018年12月21日 13:42

ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード、DV告白後は「仕事を失った」

アンバー・ハード、DV被害者として法改正の必要性も主張


2016年に俳優のジョニー・デップ(55)との離婚を申請し、ジョニーからDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けたと主張して泥沼の離婚劇を繰り広げた女優アンバー・ハード(32)。現在は「アメリカ自由人権協会(ACLU)」の女性の権利のアンバサダーを務めるアンバーが、DV告白後に仕事を失ったことをコラムで明かした。

アンバー・ハードは俳優ジョニー・デップと2015年2月に結婚するが、翌年5月に離婚を申請した。アンバーはジョニーからDVを受けたと主張し、これをジョニーは否定。離婚は泥沼化したが、ジョニーが和解金700万ドル(約7億円)を支払い、アンバーがそれを小児病院とアメリカ自由人権協会(ACLU)の2団体に全額寄付して2017年1月に離婚が成立している。

アンバー・ハードは写真や動画を公開してDVを主張していたが、相手が大物俳優ジョニー・デップだけにアンバーの言葉を信じない人は多くいた。それはジョニーの元パートナーで歌手兼女優のヴァネッサ・パラディが「彼は私に暴力をふるったことは一度たりともありません」と擁護したり、娘リリー・ローズ・デップが「パパは、私が知る中で誰よりも優しく愛情あふれる人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.