くらし情報『<高見沢俊彦インタビュー>2018年、今年の一文字は「激」! 現役で居続ける“パワーの源”は?』

2018年12月22日 20:45

<高見沢俊彦インタビュー>2018年、今年の一文字は「激」! 現役で居続ける“パワーの源”は?

「大阪国際女子マラソン」のイメージソングに長年携わってきたTHE ALFEE


来年デビュー45周年を迎えるTHE ALFEE(桜井賢坂崎幸之助高見沢俊彦)。彼らが長年携わってきた「大阪国際女子マラソン」へのイメージソングの提供が今年で最後となり、歴代のイメージソングをすべて集めたアルバム『Last Run!』が12月19日にリリースされた。実に31年分、全31曲を収録した3枚組のコンプリートアルバムである。これらの楽曲を作ってきた高見沢俊彦(64)にテックインサイトがインタビューした。また今年を振り返ってもらうとともに、2作目となる小説の話も聞いた。

■ニューアルバムのようなコンプリートアルバム
―「大阪国際女子マラソン」の31年分のイメージソングがすべてアルバムにまとまりました。どのように感じていますか。(※32年間のうち、1995年は阪神・淡路大震災のため大会が中止)
高見沢俊彦:普通なら曲順は(古い順に初年度の)『夢よ急げ』で始まりますが、新しいもの順になっています。自分でこうやって聞きたかった、それが一番の理由ですけど、逆に良かったと思いますね。ディスク3まであるんですけど、ちょうど一枚一枚独立してアルバムとして成立しているなぁと感じました。1曲目が、ディスク1が『勇気凛々』で、ディスク2がバラード調で『Wonderful Days』でしょ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.