くらし情報『デミ・ロヴァート「タブロイド紙は大嫌い」過熱報道に激怒』

2018年12月24日 11:00

デミ・ロヴァート「タブロイド紙は大嫌い」過熱報道に激怒

「デタラメな記事は信じないで」とデミ・ロヴァート


今年7月、薬物の過剰摂取で意識を失い、救急搬送された歌手のデミ・ロヴァート(26)。リハビリ施設を退所後は仕事をセーブし、依存症克服に励む毎日を送っている。しかし「穏やかな日々のなかで治療に専念したい」とのデミの願いとは裏腹に、彼女のプライベートをめぐるメディア報道は一向に収まる気配がない。そんな過熱報道に、ついに堪忍袋の緒が切れたデミが「タブロイド紙は大嫌い」「デタラメを信じないで」と自身のTwitterで怒りをぶちまけた。

今年7月に薬物過剰摂取で意識不明となり、ロサンゼルス市内の病院に救急搬送された人気シンガーのデミ・ロヴァート。その後いくつかのリハビリ施設に滞在後、現在はアルコール依存症者が匿名で参加するミーティング「AA(アルコホーリクス・アノニマス)」に出席する傍ら、24時間相談できる支援コーチとの二人三脚で治療に励んでいる。

ハリウッドの華やかなパーティーシーンからは距離を置き、また最近は友人セレーナ・ゴメスをはじめ歌手のニック・ジョナス、豪出身女性ラッパーのイギー・アゼリアらのInstagramのフォローを外すなど、ライフスタイルや交友関係をリセットし本気で依存症克服に臨んでいるデミだが、彼女のプライベートをめぐるメディア報道は過熱する一方だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.