くらし情報『ビリー・ロード、母キャリー・フィッシャーの命日に 「私たちは進み続けなければいけない」』

2018年12月28日 17:00

ビリー・ロード、母キャリー・フィッシャーの命日に 「私たちは進み続けなければいけない」

生前のキャリー・フィッシャーと娘ビリー・ロード


2016年12月27日に60歳でこの世を去った映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャー。あれから2年の月日が流れ、現地時間27日に二度目の命日を迎えた。キャリーのひとり娘で母と同じく女優としての道に進んだビリー・ロードが、命日に歌で母を追悼し、多くの人々を感動させた。

ビリー・ロードは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)で女優デビューし、母キャリー・フィッシャーと共演を果たした。キャリーは2016年12月27日に60歳で亡くなり、キャリーの母でハリウッドの名作『雨に唄えば』(1952年)の女優デビー・レイノルズは、翌日にまるで娘を追うように84歳でこの世を去った。ビリーは大切な人の死に耐え難い思いだったことだろう。

それから2年が経った現地時間27日、ビリー・ロードは自宅でアンティーク調のピアノを弾きながら、ジャクソン・ブラウン作の『青春の日々』を歌って母の死を追悼した。ビリーはその動画をインスタグラムに公開し、母の命日に思いを綴った。

「Momby(お母さん)の死から2年が経ちました。今でも命日に何をするのが正しいのか分かりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.