くらし情報『『科捜研の男』錦戸亮×新木優子×船越英一郎が演じるキャラクターの関わりと変化が見どころ』

2019年1月8日 15:20

『科捜研の男』錦戸亮×新木優子×船越英一郎が演じるキャラクターの関わりと変化が見どころ

新木優子、科捜研の制服姿(画像は『新木優子2019年1月6日付Instagram「明日よる9時から、フジテレビ「トレース~科捜研の男~」がいよいよスタートします!」』のスクリーンショット)


フジテレビの新月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』が1月7日よりオンエアスタートした。第1話はアイドルのイベントに人の手首を加えた犬が迷い込むというショッキングな出来事から幕を開ける。

バラバラ殺人事件を巡り、主人公となる警視庁科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・真野礼二錦戸亮)と新人法医研究員・沢口ノンナ(新木優子)そして警視庁捜査一課に配属されたベテラン刑事・虎丸良平(船越英一郎)を中心に主要キャラクターが登場した。

長年の刑事経験による「俺の勘」を捜査の基本とする虎丸は、「科捜研は捜査に口出しするな」と真野の考えを一蹴するタイプだ。一方、真野は鑑定やデータに基づく事実こそが大切で、刑事の勘など「キモチワルイ」と反感を持つ。そんな2人の激しい応酬にビビる新人法医研究員の沢口だったが、科捜研法医科長・海塚律子(小雪)から指示され真野と一緒に行動する羽目になる。

第1話から感じられたのは、錦戸亮が静かな情熱を燃やしながらどこか陰がある法医研究員・真野礼二のキャラクターを自分のものにしていることだ。

彼は昨年放送されたNHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷隆盛の弟・西郷従道役を務めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.