くらし情報『中澤裕子、映画『めんたいぴりり』出演に感慨「クレヨンの箱に福岡色を足してもらえた感じ」』

2019年1月13日 16:25

中澤裕子、映画『めんたいぴりり』出演に感慨「クレヨンの箱に福岡色を足してもらえた感じ」

博多華丸のポスターと写真に納まる中澤裕子(画像は『中澤裕子2019年1月3日付オフィシャルブログ「映画です。めんたいこ。」』のスクリーンショット)


映画『めんたいぴりり』が1月11日に作品の舞台となる福岡県で先行公開された。ふくやの創業者・川原俊夫氏をモデルとする主人公・海野俊之が、終戦直後に辛子明太子を苦心の末に完成させるまでを中心に描いており、俊之役を博多華丸(博多華丸・大吉)、その妻・千代子役を富田靖子が演じている。

川原俊夫氏の誕生から100周年、ふくやの創業から65周年となる2013年にテレビ西日本が創立55周年記念ドラマとして制作した『めんたいぴりり』が好評につき、2015年3月には舞台『めんたいぴりり~博多座版~』が福岡・博多座で上演された。

映画『めんたいぴりり』は2018年3月よりおよそ1か月間撮影が行われ、10月14日には『京都国際映画祭2018』で特別招待作品としてプレミア上映されている。

映画では主演の2人をはじめ斉藤優パラシュート部隊)、ゴリけん瀬口寛之福場俊策井上佳子といったおなじみのキャストが並び、博多大吉も引き続きスケトウダラ役を務めている。そんななか、新たに出演する1人が中澤裕子だ。

彼女は3日に『中澤裕子オフィシャルブログ「Nakaza World」』で「久々久々にちょーっとだけなんだけど映画に出ます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.