くらし情報『棚橋弘至、熱狂的女子ファンへの言葉を明かされ思わずはにかむ』

2019年1月16日 12:30

棚橋弘至、熱狂的女子ファンへの言葉を明かされ思わずはにかむ

棚橋弘至とダークベア翔美(画像は『棚橋弘至2019年1月15日付Instagram「#ダークベア翔美 さんと。」』のスクリーンショット)


年明け恒例となったTBSバラエティ特番『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP』が1月14日に放送された。そのなかで最後に登場したのが、新日本プロレス・棚橋弘至の大ファンである27歳の“プ女子”江森翔美(えもりしおみ)さんだ。

江森翔美さんは仕事の関係でプロレスの試合観戦にしばらく行けないと「身体が棚橋不足で手が震えてくる」ほどで、「でも、試合に行けて棚橋さんを生で見られたらスッと治って『あ、棚橋スゲェ』と思った」というほど棚橋弘至を愛するファンである。

そんな彼女の「棚橋選手に一回でいいので、リングの上で技をかけてもらって3カウント取られたい」という夢が、『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP』で採用されたのだ。

本番に向けて自宅に並ぶ棚橋関連のグッズを番組スタッフが全て回収して「棚橋断ち」を2週間、さらに江森翔美さんは若手レスラーたちとトレーニングして準備を進める。

収録日の2018年12月24日、TBSスタジオには本物のリングが設置され、観客席には新日ファンたちが集まった。実況は土井敏之アナウンサー、解説はプロレスラー真壁刀義を揃えて雰囲気は本物のプロレスの試合と変わらない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.