くらし情報『メーガン妃、出産時期告白に性別予測サイトも』

2019年1月17日 12:10

メーガン妃、出産時期告白に性別予測サイトも

メーガン妃、バーケンヘッドで今年初の公務にて(画像は『Kensington Palace2019年1月15日付Twitter「Thank you to the huge crowds that came out to greet The Duke and Duchess of Sussex in Birkenhead today!」』のスクリーンショット)


英王室のメーガン妃が現地時間1月14日、第1子誕生が今年の4月下旬から5月上旬の予定であることを王室ファンに明かした。現在妊娠6か月のメーガン妃だが、産休直前まで王室の公務を続けたい意向のようだ。

今月14日、英マージーサイド州バーケンヘッドで今年初めてとなるヘンリー王子と2人揃っての公務の最中、王室ファンと交流したメーガン妃。その際メーガン妃はファンの一人に、第1子が今年4月下旬から5月上旬の間に産まれる予定だと明かした。また他のファンには、現在妊娠6か月(日本の数え方では妊娠7か月に近い)であることも伝えた。さらにメーガン妃は、夫ヘンリー王子が「素晴らしい父親になると確信している」ことなどをファンに話したという。

これまでメーガン妃の第1子誕生時期に関する公式情報は、昨年10月15日にケンジントン宮殿公式Twitterで発表された「来年春頃に出産を控えている」のみであった。そのため今回、メーガン妃本人が王室ファンに具体的な出産予定時期を伝えたことは、妊娠経過が順調であることを感じさせる。

またメーガン妃は、数か月後に迫る産休間近まで公務を続行したいと考えているもよう。今月10日には、英国立劇場「ロイヤル・ナショナル・シアター(the National Theatre)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.