くらし情報『島崎遥香“埼玉ディス映画”誕生に「自信を持って埼玉出身だと言える日が来た」』

2019年1月28日 20:59

島崎遥香“埼玉ディス映画”誕生に「自信を持って埼玉出身だと言える日が来た」

埼玉ポーズを決める埼玉出身の島崎遥香と益若つばさ


二階堂ふみGACKTがW主演する映画『翔んで埼玉』(2月22日公開)のジャパンプレミア in TOKYOが28日、都内にて約1,000名のファンを迎えて華々しく開催された。原作は、『パタリロ!』などの著者である魔夜峰央作の漫画『翔んで埼玉』で、「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ」などの衝撃的なセリフが印象的な現在69万部を突破した埼玉ディス漫画だ。イベントではそのセリフにちなみ、登壇者はレッドカーペットではなく草(人工芝)のグリーンカーペットを歩くという徹底ぶり。なかでも埼玉出身の島崎遥香益若つばさは同作にさまざまな思いがあったようだ。

主演の二階堂ふみGACKTが客席後方から登場し、幕を開けたプレミアイベント。黄色い大歓声が鳴り響く中、埼玉が「彩の国」と言われていることから、緑・黄色・ピンクのカラフルなボール「彩の玉」を2人は客席に投げ入れながらステージへ到着した。

主演は2人とも沖縄出身だが、島崎遥香益若つばさは埼玉出身である。東京に憧れる熊谷市在住「菅原愛海」役の島崎は、「埼玉県出身の島崎遥香です。今日初めて自信を持って埼玉出身だと言える日が来たなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.