くらし情報『広島交響楽団 音楽総監督・下野竜也氏「ベートーヴェン交響曲第7番はロックの原型」音楽の力で平和に貢献を』

2019年1月31日 10:08

広島交響楽団 音楽総監督・下野竜也氏「ベートーヴェン交響曲第7番はロックの原型」音楽の力で平和に貢献を

広島交響楽団音楽総監督・下野竜也氏


「―Music for Peace ~音楽で平和を~―」をキャッチフレーズに、高い志を胸に国際平和文化都市・広島のプロオーケストラとして活動を続ける「広島交響楽団」。2月24日には『Music for Peaceコンサート』を広島文化学園HBGホールにて開催するが、同楽団の音楽総監督で指揮者の下野竜也氏の動画インタビューがこのたび公開された。下野氏はクラシック初心者にも分かりやすいように演奏曲やベートーヴェンについて語り、音楽の力についても触れている。

ベートーヴェンの交響曲をメインに、広島から音楽による平和のメッセージを発信する、“ベートーヴェン生誕250年プロジェクト/2016-2020 and beyond『Music for Peaceコンサート』”。同コンサートでは、オーケストラのバイブルともいえるベートーヴェンの交響曲を第5番から「第九」まで毎年順番に取り上げるが、2018/2019シーズンとなる今年2月24日のコンサートではベートーヴェンの交響曲第7番を演奏する。

ベートーヴェンの交響曲第7番は「舞踏の神化」とまで評された圧倒的な交響曲だが、2017年より音楽総監督を務めている下野竜也氏は「ベートーヴェンの交響曲第7番はクラシックの王道の作品で、ロックの原型だと思っているんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.