くらし情報『棚橋弘至×KUSHIDA 熱戦終えて何思う? ライガーの投稿に「最高なのになんか悲しい」の声』

2019年2月2日 17:27

棚橋弘至×KUSHIDA 熱戦終えて何思う? ライガーの投稿に「最高なのになんか悲しい」の声

試合後に控室で佇む、棚橋弘至とKUSHIDA(画像は『獣神サンダー・ライガー ☆ Jyushin Thunder Liger2019年1月29日付Twitter「戦いすんで2人は何を思うのでしょう?」』のスクリーンショット)


新日本プロレスが1月29日に開催した『Road to THE NEW BEGINNING』後楽園ホール大会でスペシャルシングルマッチ「棚橋弘至×KUSHIDA」が行われた。特に1月31日で新日本プロレス退団が決まっていたKUSHIDAにとって、IWGPヘビー級王者・棚橋弘至との初対決は記憶に残る試合だったことだろう。

試合は激戦の末に棚橋弘至からテキサスクローバーホールドをかけられてKUSHIDAがギブアップ、24分34秒で棚橋が勝利した。

KUSHIDAは試合後にリングでマイクを持つと「棚橋さん、最後の最後までプロレスラーとして最高にかっこいい姿、勉強させてもらいました!」と敬意を表し「新日本のレスラーとの闘い、巡業バス…」と8年間を振り返る。

さらにファンへ向けて「そして今日のお客さん、未来永劫絶対に忘れません、最高のお守りとして旅してきます。今まで本当にありがとうございました、行ってきます!」とあいさつすると、会場が拍手と歓声に包まれた。

この試合を実況席から解説した獣神サンダー・ライガーが、SNSに「戦いすんで2人は何を思うのでしょう?」と控室での光景を投稿して反響を呼んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.