くらし情報『新海誠監督、短編アニメ『ほしのこえ』劇場公開から17年に感慨「もう前世の出来事のよう」』

2019年2月4日 15:00

新海誠監督、短編アニメ『ほしのこえ』劇場公開から17年に感慨「もう前世の出来事のよう」

映画『ほしのこえ』のポスター(画像は『tollywood2019年2月1日付Twitter「トリウッド20周年記念イベント第1弾!」』のスクリーンショット)


『君の名は。』(2016年公開)が大ヒットした新海誠監督がまだ短編アニメーション作家として活動するなか、2002年2月2日に世田谷区下北沢のミニシアター・トリウッドで初めて劇場公開した作品が短編アニメーション映画『ほしのこえ』だった。

25分のフルデジタルアニメーションをほとんど1人で監督・脚本・演出・作画・美術・編集した力作である。

「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」のキャッチコピーからうかがわれるように、近未来を舞台として中学3年生の主人公・長峰ミカコと寺尾ノボルが運命に翻弄される姿を描く。

2人はお互いに恋心を抱いていたが、高校進学の時期になりミカコは国連宇宙軍・タルシアン調査隊のリシテア艦隊に選抜され地球を離れることになる。地球と宇宙で離ればなれとなったミカコとノボルは超長距離メールサービスで連絡をとるが、艦隊が地球から離れるほど着信するまでの時間がかかり、ノボルは次第に大きくなるミカコとのずれにいらだちを募らせるのだった…。

ガンダムのようなロボットが登場したり、携帯電話の形から時代を感じるが、宇宙と地球で交信するミカコとノボルの姿は、長澤まさみ高橋一生が東京と宇宙ステーションで離れて暮らす夫婦を演じた2017年のdTVのCMを思わせる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.