くらし情報『V6三宅健、嵐の活動休止会見に「思いが衣装にも込められていた」 市川海老蔵「正直寂しい」』

2019年2月4日 17:18

V6三宅健、嵐の活動休止会見に「思いが衣装にも込められていた」 市川海老蔵「正直寂しい」

六本木歌舞伎『羅生門』製作発表会見に出席した三宅健と市川海老蔵


歌舞伎役者の市川海老蔵とアイドルグループ「V6三宅健が4日、都内で開催された「六本木歌舞伎第三弾『羅生門』製作発表会見」に出席した。三宅は同作で初めて歌舞伎に挑戦する。2020年いっぱいをもって活動休止を発表した「」に、同じジャニーズ事務所の三宅が会見の印象を語った。

「六本木歌舞伎」第一弾は2015年に市川海老蔵中村獅童による新作歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』を上演、脚本を宮藤官九郎、演出を三池崇史が務めた。2017年の第二弾ではリリー・フランキーが新解釈で描き出した『座頭市』を、前作に引き続き三池が演出し、海老蔵と寺島しのぶが出演した。そして第三弾となる今回は、芥川龍之介の代表作『羅生門』を三池の演出で、海老蔵の他に歌舞伎初出演となる三宅健が演じる。

会見で「今回は三宅さんとご一緒できるということでワクワクしています」と声を弾ませた市川海老蔵。同作で「老婆」や「海老蔵」(本人役)などを演じると明かした。共演する「下人」役の三宅健は「39歳になりますが、人生でまさか歌舞伎に出演させていただくとは考えもしなかった。海老蔵さんは小さい頃からお稽古事を始められて、これまで修練なさってきた歌舞伎役者さんですけど、そんな方とずぶの素人の私が同じ舞台に立たせていただけるということは生涯のうちで一度あるかないかのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.