くらし情報『マルーン5らのハーフタイムショーに「最悪」の声 YouTubeで低評価71万』

2019年2月6日 18:18

マルーン5らのハーフタイムショーに「最悪」の声 YouTubeで低評価71万

ハーフタイムショーで熱唱した「マルーン5」アダム・レヴィーンだが…


現地時間3日にテレビ中継の全米平均視聴率が40%を超えるスーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンスした「マルーン5」。しかし、人々はショーの直後から「期待を裏切られた」と不満をぶちまけ、YouTubeに公開されたハーフタイムショーの動画には70万以上の低評価がついてしまった。

今年のスーパーボウルはジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムにてニューイングランド・ペイトリオッツ対ロサンゼルス・ラムズの決勝が行われた。ハーフタイムショーは前半と後半の間に行われるショーで、毎年豪華なアーティストが出演している。今年はメインパフォーマーを「マルーン5」が、ゲストパフォーマーをラッパーのトラヴィス・スコットとビッグ・ボーイ(Big Boi)が務めた。「マルーン5」は数々のヒット曲を演奏し、トラヴィスとビッグ・ボーイはラップで盛り上げたが、「最悪のハーフタイムショー」と言われるほど酷評されることになった。

過去のハーフタイムショーを振り返ってみると、2015年のケイティ・ペリーは巨大なライオンに乗って登場し、2016年の「コールドプレイ」、ブルーノ・マーズビヨンセはブルーノとビヨンセがダンスバトル風のパフォーマンスで圧倒した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.