くらし情報『『ファンタビ』エズラ・ミラー、天童荒太の『悼む人』ハリウッド版主演へ』

2019年2月7日 11:15

『ファンタビ』エズラ・ミラー、天童荒太の『悼む人』ハリウッド版主演へ

注目の若手俳優エズラ・ミラー


DCコミックスの映画『ジャスティス・リーグ』(2017年)でフラッシュ役を演じ、映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズでは謎の多いクリーデンスを演じるエズラ・ミラー(26)。このほどエズラが、日本の天童荒太の小説『悼む人』のハリウッド版映画『The Mourner』で主演を務めることを『Deadline』などが報じた。

天童荒太の直木賞受賞作『悼む人』は、亡くなった人が生前「誰に愛され、愛したか、どんなことをして人に感謝されていたか」を悼むために旅をする主人公の物語で、2015年に高良健吾主演で映画化された。同作には石田ゆり子椎名桔平大竹しのぶら豪華キャストも出演している。

ハリウッド版では数々の人身売買の犯罪を追う女性刑事が、誰からも悼まれずに亡くなった人たちのために悼む謎の若者(エズラ・ミラー)に出会うことで、人生で新たな発見をするというストーリーとなる。

監督は映画『CASSHERN』(2004年)やハリウッド映画『ラスト・ナイツ』(2015年)を手がけた紀里谷和明が務める。なお、脚本はテレビドラマ『Feed the Beast』のロビン・シュシャンが手がける予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.