くらし情報『古市憲寿氏、芥川賞落選の残念会にて 「小倉さんに、しかも2回目」と嬉しそう』

2019年2月7日 12:45

古市憲寿氏、芥川賞落選の残念会にて 「小倉さんに、しかも2回目」と嬉しそう

古市氏を囲む『とくダネ!』メンバー(画像は『古市憲寿2019年2月6日付Instagram「小倉さんに残念会をしてもらいました。」』のスクリーンショット)


社会学者の古市憲寿氏が、インスタグラムで小倉智昭ら『情報プレゼンター とくダネ!』ファミリーとの集合写真を公開している。番組での小倉と古市氏のぎすぎすしたやり取りがよくネットで話題になっているが、この写真を見たフォロワーは「実は仲良しなんですね」と安堵したようだ。

小説『平成くん、さようなら』で第160回芥川賞にノミネートされるも、受賞を逃してしまった古市憲寿氏。普段の飄々とした言動から精神的なダメージは無さそうに思えるが、落選を知らされた直後の彼は「ダメだった…」とがっくり肩を落としていたという。

彼がコメンテーターを務める『とくダネ!』でもノミネートされた直後から、古市氏が「芥川賞作家」となることを期待し、著作を紹介するなどして番組をあげて応援していた。もちろん今回受賞を逃したことは残念だが、それ以上に彼が多大なショックを受けていることを周囲は心配したのだろう。

6日の『古市憲寿 poe1985 Instagram』には、「小倉さんに残念会をしてもらいました。しかも2回目」と嬉しそうな古市氏の姿がある。そのほかのメンバーは古市氏と親交が深い『とくダネ!』のコメンテーター・中瀬ゆかり氏、伊藤利尋アナと山崎夕貴アナだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.