くらし情報『クリス・ヘムズワース、俳優を諦めなかった理由が素敵すぎる』

2019年2月9日 15:30

クリス・ヘムズワース、俳優を諦めなかった理由が素敵すぎる

クリス・ヘムズワース「これが最後」という思いでオーディションを受けたことも


経済誌『Forbes』が昨年発表した最もギャラの多い俳優ランキングで、6450万ドル(約70億円)で4位にランクインしたオーストラリア出身のクリス・ヘムズワース(35)。ソー役で『アベンジャーズ』シリーズに出演するなどハリウッドの売れっ子だが、俳優を諦めてオーストラリアに帰ろうとしたことがあると語った。

ハンサムで190cmの長身、美しい肉体を持つことで人気のクリス・ヘムズワースは、2009年に公開された『スター・トレック』に出演し、ハリウッド映画デビューを果たした。その後、2011年の『マイティ・ソー』で主役のソーを演じ、以降はマーベルのスーパーヒーローが集まる『アベンジャーズ』シリーズ、『スノーホワイト』(2012年)、『ゴーストバスターズ』(2016年)に出演して、華やかなキャリアを築いている。

しかしそんなクリスにも、大きく葛藤した時期があったという。『スター・トレック』出演後に俳優業を諦めようとした過去があると『Men’s Health』3月号に語った。

「(俳優を)やめようと思っていたんだ。演技はいつもしたいと思っていたし、お金ができたら最初に両親の家(のローン)を払ってあげたいって思っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.