くらし情報『大黒摩季、山岸潤史×KenKenのバンド“Funk on Da Table”と記念写真「私の青春そのもの」』

2019年2月12日 20:00

大黒摩季、山岸潤史×KenKenのバンド“Funk on Da Table”と記念写真「私の青春そのもの」

“Funk on Da Table”と大黒摩季(画像は『大黒摩季2019年2月11日付Instagram「大変長らくお留守にして、ごめんなさい。」』のスクリーンショット)


大黒摩季がギタリストの山岸潤史やベーシストのKenKenと並ぶ記念写真を2月11日、インスタに投稿した。山岸とKenKenがアメリカのミュージシャン、ニッキー・グラスピー(ドラム)やジョン“パパ”グロウ(キーボード)と組んだバンド「Funk on Da Table(ファンク・オン・ダ・テーブル)」のジャパンツアー2019が、2月3日に渋谷クラブクアトロの「Tokyo Funk Summit」からスタートしており、その舞台裏で感動の出会いがあったようだ。

山岸潤史(65)は1970年代はじめから日本のブルース、ジャズシーンで活躍しており「ウエスト・ロード・ブルース・バンド」や「ソー・バッド・レビュー」、「チキンシャック」といったバンドに参加した。だが、日本でのキャリアを捨てて1995年にニューオーリンズへ移住、今も現地を拠点に活動を続けている。

地元誌の年間ベストギタリストに選出される人気ぶりで、2000年頃に結成されたファンクバンド「パパ・グロウズ・ファンク」に参加しており、リーダーのジョン“パパ”グロウが今度は「Funk on Da Table」に参加することとなった。

大黒摩季はさらに「Funk on Da Table」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.