くらし情報『ヘイリー・ボールドウィン ビーバーの苗字に「慣れるのに時間がかかった」』

2019年2月14日 17:35

ヘイリー・ボールドウィン ビーバーの苗字に「慣れるのに時間がかかった」

お揃いの服で『VOGUE』誌に登場したビーバー夫婦(画像は『Hailey Rhode Bieber2019年2月7日付Instagram「hey baby... @voguemagazine」』のスクリーンショット)


昨年9月に歌手ジャスティン・ビーバー(24)と入籍し、ティーンの夢「ビーバー夫人」の座を射止めたモデルのヘイリー・ボールドウィン(22)。インスタグラムのユーザーネームも「ヘイリー・ビーバー」に変更してビーバー夫人となったヘイリーが、苗字が変わったことについて心情を明かした。

ヘイリー・ボードウィンとジャスティン・ビーバーは昨年6月に復縁し、7月にスピード婚約して世間を驚かせた。2人は結婚まで時間をかけることなく9月に入籍。ヘイリーは「ビーバー」を名乗ることになった。

とはいえヘイリーは父が俳優のスティーヴン・ボールドウィンで、おじのアレック・ボールドウィンダニエル・ボールドウィンウィリアム・ボールドウィンも俳優という芸能一家に誕生した。そのため「ボールドウィン」は、ヘイリーにとって誇りある大切な名前だっただろう。

22年間生きてきたボールドウィン姓とさよならし、ビーバー姓になったことについて、ヘイリーは『Bustle』にこのように語った。

「慣れるのに時間がかかったのは間違いないの。」
「本当に変な感じよ。慣れなきゃダメね。」
「私は自分の家族の名前をすごく誇りに思っているわ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.