くらし情報『土屋太鳳、百田夏菜子と“平成×昭和”をつなぐ絆を熱演「オムライスに心がざわつく」』

2019年2月23日 14:23

土屋太鳳、百田夏菜子と“平成×昭和”をつなぐ絆を熱演「オムライスに心がざわつく」

『約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~』に登場するスナック「紅」でのオフショット(画像は『土屋太鳳2019年2月22日付Instagram「SNACK紅。この間まで現実にあった、あったかくて優しい場所。」』のスクリーンショット)


読売テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~』が2月22日に放送された。1970年1月5日から1976年12月25日まで続いたオーディション番組『全日本歌謡選手権』に挑戦する女性コンビを中心に描いており、時を超えて平成と昭和をつなぐ「平成最後」にふさわしいドラマだろう。

平成31年(2019年)、漁師町で母親の食堂を手伝いながら歌手を夢見る20歳の主人公・小沢翼土屋太鳳)が思わぬ出来事から昭和50年(1975年)の東京にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのがやはり歌手を夢見る20歳、大空つばさ百田夏菜子)だった。

通りすがりの男・津島浩一郎向井理)にそそのかされて、浩一郎の恋人・高原紅子矢田亜希子)が経営するスナック「紅」の2階に泊めてもらう。

当初は2人を街のチンピラに売り飛ばして借金を清算しようと考えた浩一郎だが、彼女たちの歌に光るものを感じて思い直す。かつて歌手としてヒット曲を出した彼は、再び音楽業界への進出を夢見て「俺にまかせておけ」と切り出したのである。

『全日本歌謡選手権』はプロのベテラン歌手からアマチュアまでジャンルを問わずに参加してステージで歌い、審査員による採点が合計「70点」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.