くらし情報『小橋建太、ブッチャー“現役ラストコメント”を代弁「若い人たちにどうしても言いたいことがある」』

2019年2月23日 20:45

小橋建太、ブッチャー“現役ラストコメント”を代弁「若い人たちにどうしても言いたいことがある」

アブドーラ・ザ・ブッチャーと小橋建太(画像は『小橋建太(KENTA KOBASHI)2019年2月22日付Twitter「若い人たちにどうしても言いたいことがある。」』のスクリーンショット)


2月19日、両国国技館にてプロレス大会『ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~』が開催され、そのなかで往年の悪役レスラー、アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)の引退式セレモニーが行われた。出席した元プロレスラーの小橋建太(51)がSNSにリング裏でブッチャーと並ぶツーショットを公開している。

小橋建太によると、1988年に行われたプロレスの試合でセコンドについた時のことだ。「僕は試合後に暴れまくるブッチャーをコーナーに押し込んだが、凶器で額を突かれ大流血!そのキズは今もクッキリと残っている(笑)」という。

それからおよそ31年、「黒い呪術師」と恐れられたアブドーラ・ザ・ブッチャーは車いすで引退式セレモニーに現れた。小橋は車いすに座るブッチャーを「青春の握り拳」で応援するように「ブッチャー現役ラストコメント!!」とツイートしている。

ブッチャーの思いを「若い人たちにどうしても言いたいことがある。自分の親が老いたとき、老人ホームにぶち込んで放置するのだけはやめろ。お前らもいつか同じように年を取るんだ。自分の親を大事にすることを忘れるな」と代弁したところ、多くの反響があった。

フォロワーから「ブッチャーさん素晴らしいコメントです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.