くらし情報『アカデミー賞主演男優賞のラミ・マレック、ステージから落下するハプニング』

2019年2月26日 20:15

アカデミー賞主演男優賞のラミ・マレック、ステージから落下するハプニング

ステージから落下したラミ・マレック(画像は『Chelsea Peretti2019年2月24日付Instagram「most important moment for me personally」』のスクリーンショット)


現地時間24日の第91回アカデミー賞授賞式では、映画『グリーンブック』が作品賞に輝き幕を閉じた。司会者のいない異例の授賞式となったが、特に問題もなくセレモニーが終了したかに思われた。しかし、主演男優賞を受賞したラミ・マレックにあるハプニングが起きていた。

アカデミー賞授賞式といえば、2014年にプレゼンターを務めたジョン・トラボルタがパフォーマンスするイディナ・メンゼルの名前を「アデル・ダジーム」と間違えて紹介し、2017年には作品賞受賞作が誤発表されるなど何かしらのハプニングがあった。今年は司会者のいない異例の授賞式であったが、特に大きな出来事は伝えられていない。

しかし放送後に、あるハプニングが起きていたもよう。日本でも大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』で「クイーン」の伝説のボーカル、フレディ・マーキュリーを演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが、授賞式終了後にステージから落下していたというのだ。各メディアは驚いた顔をしているラミが、男性スタッフらしき人物に助けられている写真を公開している。手に持っていたオスカー像は落ちることなくステージに残り、無事のようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.