くらし情報『小橋建太“家族の記念日”にファンほっこり 「偶然にも3つの記念日が重なるなんて…」』

2019年2月27日 13:30

小橋建太“家族の記念日”にファンほっこり 「偶然にも3つの記念日が重なるなんて…」

小橋建太×大熊元司(画像は『小橋建太(KENTA KOBASHI)2019年2月26日付Twitter「僕は1988年2月26日デビュー。」』のスクリーンショット)


元プロレスラーで「株式会社 Fortune KK」代表取締役の小橋建太(51)が、SNSで「2月26日は家族の記念日です」と明かしてフォロワーを和ませている。地元の京都府立福知山高等学校を卒業した彼は1985年4月1日、京セラに入社するもプロレスラーになるため1987年2月14日に退職して、その年の6月に全日本プロレスへ入団する。

1987年12月16日に後楽園ホールで行われた『ハル薗田選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』でバトルロイヤルに参加しているが、本格デビューは1988年2月26日に当時の滋賀・栗東町民体育館で行われた「大熊元司戦」とされる。

そこから快進撃が続き、1993年12月3日に三沢光晴と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦初優勝すると翌年、翌々年と三連覇を成した。だが、2006年6月に腎臓がんが見つかり手術・治療のため長期欠場する。

2017年10月には復帰するが、その後も右腕遅発性尺骨神経麻痺、両肘関節遊離体や肘部管症候群などによる欠場が続く。そんななか2010年6月21日、秋に演歌歌手のみずき舞と結婚することを発表した。

小橋建太のツイートによると「僕は1988年2月26日デビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.