くらし情報『高見沢俊彦、“王子”改め“騎士(ナイト)”へ 勲章授与のサンマリノ共和国にTakamiyワイン用ブドウ畑も誕生』

2019年3月4日 04:00

高見沢俊彦、“王子”改め“騎士(ナイト)”へ 勲章授与のサンマリノ共和国にTakamiyワイン用ブドウ畑も誕生

『サンマリノ共和国騎士の称号授与式』にて高見沢俊彦


THE ALFEEの高見沢俊彦(64)が3日、イタリア半島の中東部に位置するサンマリノ共和国より公的騎士の勲章を授与された。これは同国に協力した人や広く貢献した人に敬意と感謝の気持ちを込めて贈られるもの。「長くやってきて良かった」としみじみと喜びを噛み締めた高見沢だが、さらに高見沢のワイン用ブドウ畑がサンマリノ共和国に誕生したことも発表された。同国でのコンサート開催の熱いリクエストを受けた高見沢は「いずれは絶対に実現させたい」と意欲的だ。

都内で開催された『サンマリノ共和国騎士の称号授与式』にて、上手と下手にサンマリノ共和国と日本の国旗が掲げられた赤いカーペットのステージに登場した高見沢俊彦。「緊張するよね」と胸を手で押さえ、ときに息を「ふーっ」と吐いた。サンマリノ共和国から来日したマルコ・ポデスキ文化大臣から「聖アガタ勲章」より「Cavaliere ufficiale (Knight Officer)」を授与された高見沢は「緊張しています。こういう場は慣れているはずですが、心拍数はMaxです」と若干硬い面持ちで、「長くやってきて良かったなと思っています。今年は特にTHE ALFEEデビュー45周年の節目の年でもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.