くらし情報『『ビバヒル』ルーク・ペリーが52歳で死去 ディラン役復活願いも空しく』

2019年3月5日 18:46

『ビバヒル』ルーク・ペリーが52歳で死去 ディラン役復活願いも空しく

52歳で死去したルーク・ペリー


1990年から2000年まで10年間アメリカで放送された大人気テレビドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』。そのディラン・マッケイ役で知られるルーク・ペリーが、先月27日に脳卒中のため病院に運ばれた。しかし現地時間4日、52歳でそのまま帰らぬ人になった。

ルーク・ペリーは先月27日の朝9時40分頃、カリフォルニア州シャーマン・オークスの自宅で脳卒中を起こし、駆けつけた救急隊員により病院に緊急搬送された。救急隊員が到着した時は会話に応じることができたものの、その後状態が悪化。現地時間4日にバーバンクにある病院「St. Joseph’s Hospital」で亡くなった。ルークは元妻ミニー・シャープさんとの間に21歳の息子ジャックさん、18歳の娘ソフィーさんをもうけており、3人とも病院に駆けつけていた。ルークはミニーさん、ジャックさん、ソフィーさん、そして婚約者のウェンディ・マディソン・バウアーさん、母アン・ベネットさんら家族に囲まれて息を引き取った。

代理人は『E!News』に「家族は世界中からの溢れるサポートと祈りに感謝しています。この大きな悲しみの中、プライバシーを尊重して頂きたいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.